1から考えるパラディン(その2) - 一難去ってまた一難 in ドラクエ10     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1から考えるパラディン(その2)

その2です。
今日は重さの概念と装備の方向性について



その1はこちら(1から考えるパラディン(その1)



------------------------------


■重さ


以前は概念として存在していなかったのですが、
ver1.2から相撲の時に「重さ」の概念が加わりました。


重さについての解説は最強のサイト


-DQX 重さチェッカー
http://yujuko.sakura.ne.jp/dq/ParaWt.html


こちらを参照したほうが早いかと思います。
ただこれだけだと「?」だと思うので、
ちょっと解説しましょうか。


まず重さの概念には4つの状況があります。
こちらも引用になりますが、重さチェッカーが判りやすいのでご参照ください。


-重さチェッカー(4つの定義について)
http://yujuko.sakura.ne.jp/dq/line.html


まず「互角」に届いていることが1つのラインだと思ってください。
「拮抗」とも呼ばれたりしますね。
ここでは同じ表現で「互角」とします。

「互角」以下ですと、ズルズルと押されてしまい、
敵を押し返すことが出来ない状況と思ってください。



-重さには4つの状況がある
-「互角」に届くことが壁としての第一歩


と言うところまでは良いでしょうか。

ただまぁ「互角」ちょうどだと実際はかなり厳しく、
1人で壁をやる状況であれば、戦う相手にもよりますが
「押し勝ち」以上、もしくはそれに如何に近づける重さを準備できるか、
という部分が目標になり得るでしょう。


1つ例示してみると、以前の目標であった、
「強バサグランデ」を参考に考えてみましょう。


バサ

重さチェッカーでのデータを見てみると、


互角:433
押し勝ち:534
完封:577-602
棒立ち可:903


となっています。


しかしながらステータス表示は300もないくらい。


??


と思う方も多いと思いますが、
これは基本的に


「ヘヴィチャージ(ズッシード)後の重さ」


なのです。
素で500とかは現状無理ですからね。

ヘヴィチャージは重さを2倍にする特技ですが、
ちょっと複雑な部分があり、


「ヘヴィチャージには錬金、装備セット効果、食事の重さが適用外」


なのですよね。
つまりステータス画面の重さが単純に2倍にはなっていないのです。



(種族重さ+装備品の重さ)×2+セット効果+錬金合計+食事



という計算式になりますね。
これも重さチェッカーでデータを入れると合計の重さを出してくれます。

自分が強バサをやるときの装備を例に出すと、


-人間(大)
-メガトンハンマー
-オーガシールド
-師団長セット(足錬金45)
-金の指輪(重さ1、おしゃれ1、重さ1)


ですね。
これですとヘヴィチャージ時に重さ541です。

重さチェッカーに入力した状態

上記もご参照ください。


この状態ですと、
強バサグランデの押し勝ち(534)を越えていますので、
状態としては「押し勝ち」になります。


重さに関してはこんなところでしょうか。
実は「重さ」に関してはかなり種族差があります(ヘヴィで2倍になるので)
この辺りは


「軽いと有利になる」


敵が出てこないとプクリポなどの前衛はちょっと大変ですね。


んで、実際の装備どうすりゃいいのよって考えてみると、
プスゴン押し勝ちライン(600前後?)は難しいので、
アラグネ押し勝ち(506)や、師団長まで行ける人は、
バサ押し勝ち(534)くらいが目標になるでしょう。


------------------------------



■装備の方向性について


師団長赤



その重さを踏まえて。
まず重要なのは、



「どの敵と戦うのか」



ということを明確にしたほうが良いと思います。

あまり一般的では無いですが悪霊やバズズなどをやる場合は
即死耐性やブレスGなども必要です。


また、セットでは、


-プラチナ(リーズナブル、やいばよりも重い)
-師団長(セット守備、呪文Gがボーナスである、とにかく高い)


ばかり取りざたされますが、
意外とヘヴィアーマーも悪くないです。
品薄ではありますが、自分の予算と相談ですね。

予算の話ばかり出ていますが、
以前からも書いているように、パラディンの装備はとても高いです。
特に現状の最終装備になり得るであろう師団長はかなりの金額ですね。
というところから、


・戦う敵
・必要な重さとステ
・財力


という3つの要素から、
自分の無理ない範囲での購入をお勧めします。


また、それぞれの部位に関する錬金を解説すると、


-頭(HP)
-足(重さ)


これは確定です。
他の部位は諸説ありますが、ボス装備の場合、
これだけは間違いないです。



-ハンマー

これは悩むところその1。
自分はパル消費なしを付けていますが、
あまり重要な個所でもないです、安定は攻撃ですね。
パル会心や消費なしなんかも面白いところです。



-体下

天魔やリベリオなんかがパラディンは人気なので、
そのあたりをイメージしている場合は眠りを買いましょう。
無理して100%にしなくても、指輪込みでも大丈夫です。
ただ1か所で100%になっていると、指輪で多少幅が出来ますね。
それをやらないで蜘蛛とかバサ回るだけだよって場合には、
守備でも十分です。



-体上

これも難しいところ。
守備、呪文、ブレスと考えられます。
呪文がやや優勢かな?という感じですね。
敵によってはブレスが効果的なのも居ますし、守備も選択肢としてはあります。
これも「どれと戦うか」ですね



-腕

「消費なし」か「会心率」でしょうね。
ヘナトスやルカニは自分が通常攻撃で殴る瞬間が殆どないので、
あまり現実的ではありません。
狩りでも汎用的に使える消費なしか、ぶきみなどが成功する確率を上げるために、
「会心率」か、でしょうね。



-盾

蜘蛛や姉妹など行く場合は縛りガードが必要ですね。
それ以外だとブレス、呪文、盾ガードとありますが、
割と重さに差が出る部分でもあるので


「重い盾でブレスか呪文」


といった感じが一般的でしょう。
縛りガードはプラチナシールドなどでも大丈夫です。



-アクセ枠


顔(HPがつくもの)
首(ロザリオ)
指(ボスに必要な耐性をもったもの)
その他(ボスに合わせて or 大地の竜玉)


という感じでしょうか。
顔は耐性に関係ないので何でも大丈夫です。
HPが付くスライムピアス、白黒アイパッチ、フサフサのヒゲ。
重さなどがつく悪霊の仮面ってのも候補にあります。
首はロザリオ、指は耐性、その他も耐性必要なければ竜玉ですか。


ここまで書きましたが、+3が必須などということはありません。
本気でやるのであれば頭と足は良品が欲しいですが、
それ以外の箇所に関してはそれほど重要度は高くなく、
必要な耐性をきちんと揃える、というほうが重要ですね。



------------------------------



ちょっと長くなってしまいましたね。
次回は相撲に関する解説を書こうと思います。
全3回予定なので、次回が最後。




以上でございます。




ではまた次回。
スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン - ジャンル:オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

装備を整えるのも大変と・・・
次も楽しみですまる

No title

>プスゴン押し勝ちライン(562)はかなり厳しいので、
これ押し勝ち到達できた方がいないので562↑という表記になってて、562より上という意味のようです。
571でも押し勝ちは無理で、他の数値から逆算すると600前後は必要なのではという話のようですよ。

No title

>>ノピスさん
てかそもそも師団長高いんですよね。
60装備ってのもあるんですが。

>>いぬさん
コメント&ご指摘ありがとうございます。
ちょっと表記を修正しておきました。
プロフィール

ラピス

Author:ラピス
ドラクエ10内でのチーム活動、レべリング、木工などの活動記録です。

キャラページ ⇒ ラピスキャラページ

木工について ⇒ 木工話

依頼に関して ⇒ 依頼の注意点

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
画像について
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。