パラディンで行くバズズ - 一難去ってまた一難 in ドラクエ10     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラディンで行くバズズ

さて、パラディンで行くバズズのお話。
前記事で色々準備した話を書いたので、そちらもご参照ください。


------------------------------


■構成


世間で人気の構成は武×2、僧侶×2ということですが、
超装備ならパラディンでもいけると書いてあったので、
それっぽく準備しました。

アタッカーは魔法だと時間かかるのと、
HPに余裕があることから武闘家をチョイス。
流石に初で僧侶1枚はきついだろうということで、
僧侶は2枚で挑戦しました。


パラディン、武闘家、僧侶、僧侶


という構成ですね。


バズズ1



■武闘家
今回企画してくれたチームメンバーのアキさん経由で、
ニドさん、という方が来てくれました。
体上にブレスG、頭即死G、ヘナトス腕、攻撃230↑、
ロイヤルバッジに種族ウェディと半端無いですね、最高です。


■僧侶
所属しているチーム「ピアンタ」から、
アキさんとたっちさんに来ていただきました。
両名ともウェディで即死GブレスG、アキさんはロイヤルバッジ合成。
頼れる2人ですね。
※封印Gではなくキラキラポーンでマホトーンを防いでいたようです。


■パラディン
これは自分です。
装備は1つ前の記事に書いた通りです。
細かく書いておくと、

種族:エルフ(風属性ダメージ20%軽減)

HP339(ドルワーム銘菓を食べて、開始時はHP343でやりました)
防御415
ブレスG 99%
即死G 100%
封印G 50%
重さ253

というわけです。
素の状態でも「ツインクロー」を結構な確率で耐えます。
上の方を引くと落ちてしまいますが、平均ダメージは312ですから、
割といけそうな感じですよね。

ちなみに「キャンセルショット」が有効と書いてありましたが、
止められるのは結局呪文だけなので選択はやめました。

というのも「はくあい」を切ってしまうと、
HPと防御が下がることになり「ツインクロー」に耐える確率が
大幅に下がってしまいますし、呪文は即死だけガードしていれば、
むしろ対策しやすい行動ばかりなので、止める必要がありません。
以上のことから、今回はキャンセルショットはなしでやりました。


------------------------------



■全体的な流れ


-パラディンがヘヴィしてスカラして押す
-武がタイガー連打してヘナトス入れて、そのまま殴る
-僧侶は適宜回復


まぁ身も蓋もなく言うとこんな感じです。
2回やったのですが、1回目の反省点がいくつかあり、


・イオグランデは僧侶方向に避ける(隊列が崩れづらい)
・前衛どちらかにバギムーチョが来たら武が避ける


上は共通認識としてあると思うのですが、
下はパラディンが避けると隊列を戻しづらくなり、
僧侶にバズズが近づいてしまいます。
ヘヴィしたパラディンであれば押されないので、
パラディンは動かずにバズズの周囲でバギムーチョを喰らい、
武闘家がそれを避けるように離脱する、という感じです。



■開幕


一番きついところ。
2回攻撃されてしまうとパラディンでも一瞬で沈みます。


バズズ即死
一瞬で沈みました。
1回目の開幕です。


ちなみに2回目の開幕も自分にツインクロー来たのですが、
ダメージ339でギリギリ残りました。
ドルワーム銘菓食べた甲斐がありましたね!(残HP4でギリギリ耐えました)
1回目は数回死にましたが、2回目は一度も死ぬことなく討伐できました。
2回目はパラディンの役割をそこそこ出せたのではないでしょうか。



■中盤以降


天使やスカラ、ヘヴィチャージにビッグシールド。
前衛の滅却などが揃えばかなり安定します。
武が落ちることもありましたが、全体的に「ヤバイ」と感じる時は、
2回通してほとんどありませんでした。

パラディンの動きとしては、
基本的にはちょっとづつ押す⇒押されるを繰り返して、
呪文は避ける(避けてもらう)のが基本です。
怒ったらもちろんロストして、
ステージ中央の位置辺りをキープしつつ相手の行動に備えます。
あとは各種更新作業と武闘家へのせいすいを投げる係などです。

2回行動もそれなりにあったのですが、
武が殴られた瞬間に「におう立ち」すれば2回目の攻撃をかばえることもありました。
ややシビアなのですがやる意味はあるかなと。
あと「一喝」するときに「におう立ち」するのもアリですね。

滅却でブレスG99%にしておいたので「かがやく息」のダメージは「2」でした。
頻度は結構な感じだったので、100%より良かったかもですね。

即死ガードはみんな揃えているせいか、
ザラキーマは2戦通じて1回だけだったと思います。
息、呪文、通常攻撃、ツインクローが行動の主な部分ですね。

それ以外にも流れの中で「におう立ち」してもいいのですが、
行動ターンが貯められないことと、バズズが小さいせいもあって、
その状態だとかなり抜けやすいのが困りもの。
なので適宜タイミングを見てという感じですね。

実際、武闘家とパラでちょっと大きめの壁になっていても、
抜けてしまうことが数回ありました。


それとパラディンの証は有効でした。
2回しか無かったですが痺れたので、立て直す余裕は十分にできます。
といっても崩れそうな場面はほぼなかったですが・・・



------------------------------



■総括


流石に自分も今回はかなり装備厳選しましたし、
他の面子もかなりガチな装備で来てくれたので、
特に苦戦する部分はありませんでしたね。

アタッカー1枚なので討伐時間は2回とも12分くらいでした。
まぁコインの値段から考えて負けないほうが重要ということで。


結果はお約束のせいすい×2・・・
残念でしたが、この面子なら負けようもなさそうなので、
引き続き行こうかなと思います。

御三方、お疲れ様でした。






以上でございます。





ではまた次回。
スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン - ジャンル:オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでしたー。
昨日はラピスさんたちとの2戦以外にも、武武僧僧で3回バズズしてきたので分かるのですが、ずいぶん違いがありました!
当然、武二枚の方が早いわけですが(5分30秒前後)ブログの通り勝つだけなので、パラ入りの方が遥かに安定ですね。におう立ちがナイスでした!僧としてはほとんどの時間をホイミ待機してたくらいですw
たまに崩れて仕事をくれてもいいですよ⁈

Re: タイトルなし

>>たっちさん
こちらこそお疲れ様でしたー。
1戦目開幕死んで、これはパラディン意味あるんだろうかと疑ったりもしましたが、
安定してくれば崩れる要素はほぼ無くなるのでよかったです!
また機会があればぜひぜひ行きましょう!
プロフィール

ラピス

Author:ラピス
ドラクエ10内でのチーム活動、レべリング、木工などの活動記録です。

キャラページ ⇒ ラピスキャラページ

木工について ⇒ 木工話

依頼に関して ⇒ 依頼の注意点

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
画像について
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。